サイト内には広告があります

LibreOfficeBaseでJDBCドライバMySQL Connector Jを設定【Debian GNU Linux編】

Linux(Debian)にインストールしたLibreOffice Baseからネットワーク経由でMariaDB(MySQL)サーバーへ接続する目的でMySQL Connector Jを設定した記録です。

以前に記事にしていたWindowsでの設定手順が参考になりますが若干異なる点がありました。

※コネクターのバージョンについてはWindows版の記事で説明しています。

JDBCドライバMySQL Connector JをLibreOfficeで設定

JDBCコネクターをダウンロード

MariaDBにアクセスするためのJDBCコネクターはあえて古いバージョンを使っています。

コネクターのダウンロードは次のアーカイブページへアクセスしバージョン(5.x.x)を指定してのダウンロードしました。

https://downloads.mysql.com/archives/c-j/

Linuxでは最新のバージョンでも同じアーカイブページからダウンロードしたほうが分かりやすいかもしれません。

ダウンロードしたファイルを解凍してできたフォルダの中に拡張子がjarのファイル(mysql-connector-java-5.x.x.jar)があるので、このファイルを/usr/share/javaのディレクトリへ配置します。

最新バージョン8.x.xのインストールに付いてはページ下へ記載。

ブラウザからダウンロードしたパッケージのインストール

LibreOfiiceでドライバーを設定

Windowsのときと同じくBaseではブランクページを開きにくいのでCalc(表計算ソフト)かWriter(ワープロ)を起動して作業を進めます。

クラスパスの登録

最初にCalcを起動して(特にファイルを開く必要はなし)メニューで「ツール」→「オプション」を選択。

クラスパスのボタンをクリック

表示された左メニューから「LibreOffice→詳細」を指定し「クラスパス」ボタンをクリックします。

DebianではJavaの開発環境がインストールされていたので、Windowsと違ってあらためて実行環境をインストール必要がありませんでした。(Linuxでも実行環境が整っていない場合はエラーが表示されます)

アーカイブを追加

続いて「アーカイブを追加」を押します。

ダウンロードしたコネクタを選択

ダウンロード済みのMySQLコネクタを選択。

OKをクリック

OKを押してボックスを閉じます。

接続に使うドライバの選択(コネクションプール)

アーカイブの追加が出来たら次に左メニューから「LibreOfficeBase-接続」を選択します。

ドライバー名を指定

「ドライバーを使って接続を保持する」にチェックを入れ「com.sun.star.comp.sdbc.JDBCDriver」を指定。ここではWindowsのときと同じorg.openoffice.comp.drivers.MySQL.Driverに設定すると接続時にエラーが出ました。

「このドライバーで接続を保持する」にもチェック入れて「OK」をクリック。

以上でCalcでの作業は終了です。

ここまでの設定を済ませたら実際にBaseを起動させて接続操作に移ります。

ブラウザからダウンロードしたパッケージのインストール

オラクルのアーカイブサイトからダウンロードできるDebian用のJDBCコネクターは拡張子がdebとなっている見慣れないファイルです。

このパッケージをインストールするにはコンソールから次の通り実行。

# cd ダウンロード
# dpkg -i mysql-connector-j_8.0.32-1debian11_all.deb

「#」は適宜「$sudo」へ読み替えてください。パッケージ名はダウンロードしたものへ書き換えて実行します。

これで/usr/share/javaディレクトリにmysql-connector-j-8.x.x.jar が自動で配置されます。

LibreOfficeBaseでコネクターの最新バージョンを使うにはデータベースの読み込みに課題が残りますがドライバーの更新は簡単にできそうです。

おすすめ記事

MariaDBへJDBC接続 LibreOffice BaseでMariaDBへJDBC接続【Windows編】